「トップで経験したことを次世代へ」
ラグビー加藤あかり選手のNEXT STAGE

元ラグビー女子日本代表で活躍した
加藤あかり選手プロフィールはこちら

現役を引退し、次のステージへ歩み始めました!

加藤あかり選手

「体を動かすことが好きなんです!」
と話す加藤あかり選手は、
子供のころから様々なスポーツを経験してきました。

その中でも、特に熱中したのがタグラグビー

ラグビーとの最大の違いは「タックルをしない」という点。
選手は腰に“タグ”を付けて試合を行います。

メンバーを集めてチームを作るほど
タグラグビーの魅力に惹かれた加藤選手。

転機が訪れたのは、大学に入学した後でした。

恩師に連れられて、福岡で行われたトライアウトへ向かうと
行われていたのは「ラグビー」のトライアウト。

「だまされたと思いましたが、やるしかないなと思って」
と、当時を思い出しながらはにかむ加藤選手は
そのトライアウトで初めて「タックル」を経験。

初めて経験したタックルがきっかけで、
そこから本格的にラグビーを始めることになりました。

しかし、当時の部員は2人。
もちろん大学には女子ラグビーチームがなく、
常に男子と混ざり練習をしていました。

また、離島県ならではの課題もありました。

試合は、県外のチームに入って行うため
試合のたびに遠征費がかかります。

「県内でも試合を行うことができる環境を作りたい」

実際に自分自身が経験したからこそ、
その課題改善への思いはより強くなります。

遠征費の問題ではなく、

・ジュニアアスリートのための食育やトレーニング
・トッププレーを観る機会が少ない

など、ラグビーだけに限らず
県内の次世代アスリートを取り巻く環境を整えることへも
「積極的に活動していきたい」と話す加藤選手。

今後、自身でスクールやチームを作ったり、
各学校などへ出向いて講演を行う「夢先生」の活動にも
力を入れていきます。

また、
現在は、に関する資格を取得するために
勉強もしています。

健康志向が高まっている現代で、
次世代のアスリートだけでなく、
そのアスリートを支える大人世代にも
食への意識、知識を持ってほしいという思いもあるそうです。

加藤選手のこれからの活動、
ぜひ、応援よろしくお願いします!

(文:仲本百合香)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. アスリートフォーカス出演者決定✨

  2. 安里幸男英雄会議出演✨

  3. 安里幸男先生指導者講習会開催✨

TOP